バリ島の治安は良い、悪い? 国の最新情報から見た、バリ島の治安状況を徹底解説。

リゾート、観光旅行に楽しいバリ島ですが、海外ゆえに注意が必要な点もあります。
バリ島に限った話ではありませんが、イスラム過激派によるテロのリスクや、ホテルや観光先での盗難・トラブルなど、治安・安全面を気にされる日本の方もいらっしゃいますので、バリ島の治安と安全を確保する方について紹介します。

ページコンテンツ

バリ島旅行は安全、危険?渡航時に知っておきたい、治安の3大要素と今のバリ島の治安状況

日本と比べたバリ島の治安。バリ島の治安状況は年々良くなっている。

外務省が公開している「海外安全情報」によると、バリ島の危険レベルは「レベル1:十分注意してください」にあたります。しかし、バリ島同様に観光客が多く訪れるフィリピンは、身代金目的の外国人誘拐や武装勢力の活動が活発化しており、危険レベル3に指定されている地域もあります。

クタビーチ

これらの地域に比べ、バリ島は安心して観光を楽しめる地域であると言えます。ただし、日本にいる時と同じ感覚で油断をしていると「ひったくり」や「痴漢」などの被害にあうケースもあるため、注意は怠らないようにしましょう。

海外旅行における不安の3大要素は、テロ・トラブル・病気

海外旅行経験のない人、あるいは少ない人が「日本と同じ感覚」で旅行に出かけ、トラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。海外旅行をする際には、以下のようなリスクがあることを意識するようにしましょう。

  1. テロ:爆弾テロなど
  2. トラブル:ひったくり、スリ、詐欺、誘拐、痴漢、両替トラブルなど
  3. 病気:食中毒、狂犬病、結膜炎、デング熱、鳥インフルエンザ、ポリオ、マラリアなど

詳細に関しては後ほど紹介します。

【コラム】バリ島旅行での体調管理。病気一覧と予防接種のススメ

どんなに気をつけていても、旅先で病気にかかる可能性はゼロではありません。

バリ島旅行で気をつけたい病気の種類やその予防法、そして万が一病気にかかってしまった際に受診できる現地の医療機関を紹介します。

インドネシアで注意したい主な病気の種類 熱中症、胃腸炎、結膜炎、狂犬病、デング熱、チクングニヤ熱、結核など
予防接種のススメ

インドネシア入国の際に義務付けられている予防接種はありません。しかし、予め受けておけば、より安心して旅を楽しむことができます。

事前に予防接種をしておいた方がよいものとして、A型・B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病、ポリオの追加接種があります。

また、バリ島内では「狂犬病」が確認されており、出発前の予防接種をおすすめします。

病気にかかったときの対処方法

軽い症状は、市販薬で対処できるため下痢止め、胃薬、かぜ薬などの常備薬は必ず持っていきましょう。

市販薬でも対処できない場合、現地の医療機関を受診しましょう。特に、海外渡航者向けの病院は、提供している医療サービスのレベルが高く、安心して治療を受けることができます

バリ島の主な医療機関

Bali International Medical Center Kuta(BIMCホスピタル・クタ)

バリ島最大手のインターナショナルクリニック。24時間対応で、日本人医療スタッフも常勤しているため安心して受診できます。また、救急車の派遣も可能。

*ヌサ・ドゥアにも同系列の病院があります。
URL:http://bimcbali.com/bimc-hospital-nusa-dua

タケノコ・バリ診療所

  • 所在地:Jl. Sunset Road No.77A, Ruko No1, Kuta-Bali
  • 電話番号:(0361)- 7808094, (0361)-746-3431(日本語対応可能)
  • URL:http://takenokogroup.com/

インドネシアのジャカルタに、本部がある日系のクリニック。24時間対応ではありませんが、日本人コーディネーターや通訳が待機しているため、在住者も多く通っています。

より詳しいバリ島の医療情報をお求めの方は、外務省がまとめている「インドネシアの医療事情」を参照ください。

バリ島におけるテロの可能性は?バリ島の今と昔とこれからについて

政府主導の改革で、バリ島の治安(テロ対策)はこれからも明るい

海外旅行で気になる事柄のひとつが「治安」です。近年のバリ島は、政府主導の改革により欧米やオーストラリアと比較しても治安が良好であると言われています。

実際に、オーストラリアの民間警備会社がバリ島に集中安全監査に訪れた際も、バリ島の安全と警備面への取り組みが飛躍的に改善していることを確認したそうです。

さらに政府機関に留まらず、「観光産業なくしては島の発展が難しい」という情報が出されおり認識を持っているホテルや飲食店、リゾート施設などが積極的に治安改善への取り組みを行っています。

また、バリ島の警備組織には反テロ部隊などの政府組織があり、高度な国際基準に則った訓練を日々行っています。

以上のことから、バリ島の安全性は世界的に見ても高いと考えられます。

ただし、後ほど詳しく紹介する「窃盗」などのトラブルには十分注意するようにしましょう。

ヒンドゥー教徒が多いバリ島。イスラム国との関係性は薄い

外務省の海外渡航者向けのホームページでは「イスラム過激派組織による脅迫メッセージ発出に伴う注意喚起」という情報が出されており、不測の事態への注意を呼びかけていました。

この注意喚起は2014年9月24日に発令され、翌月29日には失効していることから、過剰に心配する必要はないと言えるでしょう。

さらに、バリ島はヒンドゥー教徒が多い国であり、イスラム過激派組織を構成するイスラム原理主義とは思想が異なります。

情報収集は、外務省安全ホームページから。現地の日本大使館も押さえておこう

それでも不安という方は、「外務省 海外安全ホームページ」にあるインドネシアの治安情報を事前にチェックしておきましょう。

なお、バリ島で万が一、不測の事態が起こった時のために、以下の緊急連絡先を控えておくようにしてください。

バリ 緊急連絡先:日本大使館
​在デンパサール日本国総領事館
(Consulate-General of Japan in Denpasar)
  • 住所:Jl. Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar, Bali
  • 電話番号:+62 03 6122 7628
  • FAX:+62 03 6126 5066
  • 開館時間:8:30~12:00、13:30~16:00
  • 休館日:土、日、祝日
  • URL:http://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp

注意すべきはテロよりトラブル?バリ島のよくある旅行トラブルとその対処法

海外旅行先で、トラブルに巻き込まれることは少なくありません。

バリ島は安全性が高く、あまり神経質になる必要はありませんが、情報として知っておくことでトラブル回避にも繋がります。これから実際に起こっているトラブルの事例を紹介します。

現地の美男美女には要注意。気になる旅行トラブル例一覧

  • 結婚詐欺
    バリ島に限らず、ビーチリゾートには観光客を狙った「ジゴロ」「ビーチボーイ」と呼ばれる現地男性(女性の場合もあり)が、目を光らせています。
  • 荷物の置き引き
    レストラン、ホテル、空港などで荷物置き引きの被害が確認されています。
  • ドラッグの使用・所持
    ナイトスポットには危険な誘惑が付き物です。十分に注意しましょう。
    また、インドネシアは薬物に対する取り締まりが厳しいことで有名です。過去にコカインの持ち込みで死刑判決が下った事例もあります。
  • ぼったくり
    両替の金額や買い物のおつりをごまかされることがあります。現金を受け取った際は、必ずその場で確認しましょう。
  • ひったくり
    バイクでのひったくりが多いです。特に夜遅くに繁華街を歩く際は、注意しましょう。
    人気観光地「モンキーフォレスト」や「ウルワツ寺院」にいる野生の猿も、カバンに手を入れてモノを取ってくるため注意が必要です。
  • スキミング
    ATMの機械にスキミング装置を設置しカードの情報を盗むという手口で、バリ島に限らず海外で増えています。
  • 賭博
    バリ島で最も有名なのは「トランプ詐欺」です。
    トランプ詐欺は、「日本語を習っています」などと流暢な日本語で近づき、イカサマのトランプゲームでお金を奪うという詐欺です。
  • ケンカ
    他の旅行者と現地の人のケンカに巻き込まれる危険性があります。
  • パスポートの紛失
    海外旅行先でのパスポートは「命綱」。現物はホテルの金庫で管理し、外出時はコピーを持ち歩くようにした方が安心です。

日本の常識は海外の非常識。安全に海外旅行を楽しむための10箇条

トラブルの事例をいくつか紹介しましたが、注意点を知っておくことで、回避できる可能性は高まります。

ここでは、バリ島旅行を楽しむための10箇条を紹介します。海外旅行全般に共通する内容も多いため、しっかりと頭に入れておきましょう。

  1. 夜中に出歩かない
    ひったくりなどの多くは遅い時間帯に発生しています。不必要な夜の外出は控えましょう。
  2. 荷物を車に置かない
    日本ではあまり考えられないことですが、車に荷物を置いてアクティビティや観光をしている間に荷物がなくなる事件が起こっています。車に荷物を置きっぱなしにすることはやめましょう。
  3. 荷物は分散させる
    多額の現金やクレジットカード、パスポートなどの貴重品をひとつのバッグで持ち歩くのは非常に危険です。外出の際、現金は必要な分だけ、パスポートのコピーと一緒に持ち歩きましょう。
  4. 移動は信頼できる乗り物を使う
    ホテルのシャトルバスなど、信頼できる交通手段を使いましょう。タクシーはブルーバードタクシーが比較的安全と言われています。
    また、弊社オプショナルツアーの「専用車とガイドチャーター」を使った観光もおすすめです。事前にご要望を伺い、最適なスケジュールでご案内します。
  5. 現地の人をすぐ信用しない
    特に、「日本話を話す現地人」には注意が必要です。流暢な日本語に気を許すと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。
  6. 両替は信頼のできる両替所やATMで
    事前に調べた評判の良い両替所を利用しましょう。また、空港やショッピングセンターのATMが比較的安全です。
  7. 受け取ったお金はその場で確認を
    両替、タクシー、土産物店、飲食店など、旅行中にお金を受け取るケースは多くあります。お金を受け取った際は、その場で金額が合っているか確認しましょう。
  8. 服装マナーに気をつける
    高級ブランド品を極力身につけないことは、トラブルに巻き込まれないための最低条件です。また、バリ島はヒンドゥー教徒が多いため、必要以上に肌を露出した服装は好まれません。
  9. 宗教のマナーに気をつける
    ヒンドゥー教では、頭は神聖なものとして考えられています。頭を撫でることは絶対にやめましょう。また、物を渡す時に左手を使うこと、左手で指をさすこともタブーになります。
  10. あらかじめ海外旅行保険に入っておく
    どんなに用心していても、トラブルに巻き込まれる可能性をゼロにすることはできません。万が一の時のために、海外旅行保険に入っておきましょう。
    ほとんどがネットで申し込み可能です。フライト前に空港で入れる保険もあります。盗難などの補償額や、ケガや病気になった際の賠償額など、補償の範囲も含め自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

バリ島で気をつける観光スポットはどこ?夫婦旅行・カップル旅行、家族旅行、女子旅、卒業旅行のケース別ガイド

バリ島観光の目的は、カップル旅行、ハネムーン、家族旅行、女子旅、学生旅行などさまざま。

ここでは、旅行をより楽しむために「控えたほうが良い行動」「注意すべき地区」「トラブルへの対処法」を、事例でわかりやすく紹介します。

断るときは、キッパリと。夫婦・カップル旅行では、ぼったくりに注意

カップルの旅行では、二人一緒にアクティビティを楽しむことも多いと思われます。その際に注意したいのがビーチでの「ぼったくり」です。

例えば、「ビーチの露店で飲み物を買う際は、「値段はUSドル表記だ」と言われ法外な値段を請求される」、「飲食店に入るとドル表記のメニューを渡され、どれも値段が通常の10倍くらいだった」など。

マーケット

トラブルを回避するためにも、いらないものは「いらない!」とはっきり意思表示することが重要です。

また、買い物の際も「ぼったくり」に用心しなければなりません。

バリ島ではスーパーやショッピングモールを除き、商品の値段は「交渉」で決まります。その際に、相手が観光客だと通常の値段の倍、あるいはそれ以上の値段を提示してくることがあります。

お子さんとは手を繋いで観光しよう。家族旅行では、交通事情に気をつけて

「昔、夫婦で行ったバリ島を家族で旅したい」そんな家族旅行を計画中の方も多いでしょう。

お子様連れの旅を楽しむにあたり、留意していただきたいのが「バリ島の交通事情」と「熱中症」です。

日本に比べ、バリ島はバイクの交通量が非常に多いです。特に、朝や夕方のラッシュ時には道路がバイクで埋め尽くされます。
バリ島の交通ルールはあって無いようなもので、車やバイクがいきなり飛び出してくる可能性があります。お子様の手は絶対に離さないようにしましょう。

特に、デンパサールやクタなどの繁華街は交通量が多い割に、信号機があまりないため、横断する際には注意が必要です。

また、熱中症にならないよう、適度な休憩、水分補給と暑さ対策をお忘れなく。

旅行先だからこそ、朝活を。女子旅では、クタ地区とスミニャック地区に注意

仲良しの友人とヴィラを貸し切ってのリゾート体験。スパやグルメ、ショッピングを思う存分楽しめます。

女子旅でご注意いただきたいのは「夜道の一人歩き」です。特に、夜間のクタとスミニャックなどの繁華街はあまりおすすめできません。深夜は外出を控え、ヴィラで女子会を楽しむと良いでしょう。

バリ島には美しい朝日が見られる「サンライズスポット」があるため、朝活がおすすめです。早起きして、最高の朝日を見に行きましょう。

ハメを外しすぎないように。卒業旅行でも、クタ地区とスミニャック地区に注意

物価が安く、アクティビティが充実しているバリ島は、若者たちにも人気です。しかし、旅先でのちょっとした気の緩みから、ひったくりにあう、ケンカや薬物犯罪に巻き込まれてしまうケースも発生しています。

そのため、「クタやスミニャックに多くあるクラブやディスコなどのナイトスポットに軽い気持ちで近付かない」、「現地の人の誘いに気安く乗らない」など、警戒心を持つことが大切です。

ここまで、バリ島の治安について紹介してきました。

バリ島に限らず、海外旅行全般に言えることですが、注意を怠ることがなければ大きなトラブルに巻き込まれる可能性は少ないです。特に、バリ島は海外旅行初心者にも、自信を持っておすすめできるリゾートです。

この記事をシェアする