日本とバリ島の時差はどれくらい?インドネシアの時間(タイムゾーン)についてとスマホの現地時間への設定方法

日本とバリ島の時差はどれくらい? インドネシアの時間(タイムゾーン)についてとスマホの現地時間への設定方法

この記事では、「日本をはじめとする各国とバリ島の時差」「旅を楽しむための時差ぼけ回避法」「iPhoneなどガジェットを簡単に現地時間と合わせる方法」などについて見ていきましょう。

バリ島と日本の時差は1時間。バリ島直行便なら、日本を出発してから約7時間で、現地観光を楽しめる

日本(成田・関空)からバリ島までの飛行時間と時差のまとめ

バリ島と日本の時差は1時間で、日本が1時間早く進んでいます。
飛行時間は、日本からバリ島までの直行便の場合で約7〜8時間です。

基本的に時差ぼけの心配がなく、距離が遠すぎないというのも、バリ島が多くの方から支持されるポイントです。

日本など各国とバリ島の時差と飛行時間をさらにわかりやすくイメージするために、以下の表をご覧ください。

地点 時差 飛行時間 出発時間例 到着時間例
(現地時間)
日本(成田)
⇒バリ島(デンパサール国際空港)※1
−1時間 7時間30分 11:00 17:30
日本(関空)
⇒バリ島(デンパサール国際空港)※1
−1時間 7時間 10:50 16:50
バリ島(デンパサール国際空港)
⇒ジャカルタ
(スカルノハッタ国際空港)※1
−1時間 1時間55分 12:00 12:55
バリ島(デンパサール国際空港)
⇒シンガポール
(シンガポール・チャンギ国際空港)※1
0時間 2時間40分 11:55 14:35
バリ島(デンパサール国際空港)
⇒タイ(スワンナプーム国際空港)※2
−1時間 4時間10分 17:40 20:50
バリ島(デンパサール国際空港)
⇒オーストラリア(シドニー国際空港)※3
+2時間 ※4 6時間5分 22:10 6:15
  • ※2017年4月現在の情報となります。
  • ※時差は出発地の現地時間を基準として計算しています。
  1. ※1:ガルーダ・インドネシア航空を利用した場合のおよその時間です。
  2. ※2:エアアジア航空などを利用した場合のおよその時間です。
  3. ※3:ヴァージン・オーストラリア航空などを利用した場合のおよその時間です。
  4. ※4:サマータイムは3時間

バリ島からも、シンガポール、ジャカルタ、タイ、オーストラリアなど複数の国への直行便が運航しています。LCCなどの安価な航空券は経由便になる場合もあります。

インドネシアのタイムゾーンは全部で3つ。バリ島は、中部時間に属する

面積は日本の約5倍、東西5,000kmという巨大な島国「インドネシア」には、3つのタイムゾーンがあります。

以下の表は、3つのタイムゾーンについてまとめたものです。

主要都市 タイムゾーン 協定世界時との時差 日本との時差 サマータイム
ジャカルタ 西部時間 UTC+7 -2時間 なし
バリ島 中部時間 UTC+8 -1時間 なし
ジャヤプラ 東部時間 UTC+9 0時間 なし

日本との時差は「西部時間」が2時間、「中部時間」が1時間、「東部時間」が0時間です。

そのため、ジャカルタ経由でバリ島に行く場合には、ジャカルタで乗り換えの際に2時間の時差が発生することになり、バリ島に到着してから再度、時間を調整する必要があります。

直行便であればこれらの心配もなく、到着するとすぐにバリ島を満喫できます。

スマホ(iPhone、Android)の時計を現地時間に合わせる方法

今の時代、スマホを「時計代わり」に使っている方はたくさんいます。注意したいのは、海外に行ったとき、スマホの時計が現地時間に自動的に変更されない場合です。

スマホに搭載されている時計を「簡単に現地時間と合わせる方法」を紹介します。

  • iPhoneの操作方法
    1. 「設定」アイコンをタップします
    2. 「一般」を選択します
    3. 「日付と時刻」を選択します
    4. 「自動設定」をオフにします
    5. 「自動設定」下の「時間帯」を選択します
    6. 検索メニューに「シンガポール」と入力して、下に表示された候補から選択します
    • ※2017年4月現在、6.の検索メニューに「バリ島」を入力しても候補には出てこないため、バリ島と同じ時差の「シンガポール」などを選択します。
    • ※6.の検索メニューにて同じインドネシアの「ジャカルタ」などは候補に出てきますが「バリ島」とは約1時間の差がありますのでご注意ください。
    • ※日本時間に戻す場合は、5.の「時間帯」をタップして、「東京」と入力して候補から選択すれば日本時間に戻すことができます。
  • Androidの操作方法
    1. 「設定」アイコンをタップします
    2. 「その他の設定」を選択します
    3. 「日付と時刻」を選択します
    4. 「タイムゾーンの自動設定」に付いているチェックを外します
    5. 「タイムゾーンの選択」が選択できるようになります
    6. 世界の都市一覧から、「シンガポール」を選んで選択します
    • ※2017年4月現在、6.の世界の都市一覧ではバリ島が表示されない機種がほとんどのようです。その場合は、バリ島と同じ時差の「シンガポール」などを選択します。

位置情報をオンにしておくことによって自動で現地時間と合うスマホも多いのですが、バッテリーを消費しやすくなってしまいます。

また、スマホの機種などによって操作方法が異なる場合も多いので、操作マニュアルや各メーカーのホームページなども参考にしてみてください。

【コラム】バリ島は「時差ぼけ」をしない、おすすめの海外観光スポット

日本との時差が1時間しかないバリ島は「時差ぼけ」の心配をせずに旅行を楽しめる海外観光スポットです。

時差ぼけは、5時間以上の時差がある場所に急速な移動をしたことによる、「体内時計」とのズレなどが原因となって起こる心身の不調状態です。

しかし、時差で「昼夜逆転」することで、体内のリズムが急激な変化に対応しきれず、眠気、頭痛、不眠などの不快な症状を引き起こします。

海外旅行者にとっての大きな悩みのひとつである時差ぼけですが、以下のような対策をとることで解消できます。

  • 飛行機に乗ったら、すぐに時計を「到着地の現地時間」に合わせ、それを意識して動く
  • 現地の時間を考慮して、提供された「機内食」をきちんと食べる
  • 現地時間が夜の場合は、機内で映画などを観ることは控え、耳栓やアイマスクをして外部からの刺激を遮断して眠る
  • 現地に着いてからも眠気がスッキリしない場合は、積極的に太陽光を浴びる

このように「時差ぼけ対策」はあるといっても、できれば「時差ぼけ」の心配をせずに旅を楽しみたいですね。

日本との時差が1時間で、時差ぼけの心配がないバリ島は、海外旅行初心者の方、現地での挙式やハネムーンをお考えの方、仕事の合間に休みをとってリフレッシュしたい方などに自信をもっておすすめできるリゾート地です。

【まとめ】より充実した思い出深いバリ島旅行を楽しむために

最後に、今回のポイントをもう一度振り返ってみましょう。

  • バリ島の時差は日本とわずか1時間で時差ぼけの心配なし。サマータイムも導入していないため、いつ行っても安心
  • バリ島までは7〜8時間。直行便のあるガルーダ・インドネシア航空での渡航がおすすめ
  • iPhone、Androidともに、時計の設定を現地時間と合わせるのはとっても簡単
  • 時差ぼけは「体内時計の狂い」などで起こる。解消法はあるが、時差ぼけの心配がないバリ島ならそんなことを考える必要もなし
この記事をシェアする