ガルーダ・インドネシア航空〜フルサービスキャリアのサービス5スターエアライン「ガルーダ・インドネシア航空」直行便で行くインドネシア

インドネシアを代表するフルサービスキャリア(FSC)

ガルーダ・インドネシア航空は、首都ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港を拠点に世界22都市、インドネシア国内主要68都市の路線の運航をするフルサービスキャリアのサービスを提供する航空会社です。英国スカイトラックス社が選ぶ5スターエアラインを獲得し続ける、世界トップクラスのサービスをご体験ください。

日本路線は成田・羽田・関空から運航

ガルーダ・インドネシア航空は、成田・羽田・関空からインドネシアへの直行便を毎日運航しています。日本を昼前に出発して夕方にはバリ島やジャカルタに到着するので、旅行の計画も立てやすく、当日からインドネシアを満喫できます。帰国便も深夜発なので、最終日の日中も出発時間を気にすることなく長い滞在が楽しめます。

2018年3月25日(日)から10月27日(土)タイムテーブル

出発地 到着地 便名 出発日/到着日 出発時間 到着時間
羽田 ジャカルタ GA875 毎日 11:45 17:30
ジャカルタ 羽田 GA874 毎日 23:50 8:50
出発地 到着地 便名 出発日/到着日 出発時間 到着時間
成田 デンパサール(バリ島) GA881 毎日 11:00 17:40
デンパサール(バリ島) 成田 GA880 毎日 0:45 8:40
出発地 到着地 便名 出発日/到着日 出発時間 到着時間
関空 ジャカルタ GA889 水 土 日 12:00 17:30
ジャカルタ 関空 GA888 水 土 日 23:30 8:15
出発地 到着地 便名 出発日/到着日 出発時間 到着時間
関空 デンパサール(バリ島) GA883 毎日 11:00 17:20
デンパサール(バリ島) 関空 GA882 毎日 0:40 8:30

直行便で行くバリ島旅行

ガルーダ・インドネシア航空は、東京(成田)、大阪(関空)からバリ島(デンパサール)まで毎日直行便を運航。直行便のメリットはなんと言っても乗継の必要が無いことです。 午前中に日本を出発したら、約7~8時間の飛行時間で、バリ島到着は夕方・サンセットタイム。ゆっくりとディナーやショッピングなどを楽しむことができます。また、帰国便の出発は深夜なので、旅の最終日まで思う存分バリを満喫できます。
直行便は人気のため、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始などのシーズンは、お席が満席になることもあります。 お申し込み時期によっては、お得な早期割引対象にもなりますので、ご希望の場合はお早めにお問い合わせください。

スカイチーム・アライアンス

ガルーダ・インドネシア航空はスカイチーム・アライアンスに加盟しています。スカイチームには、世界1,000を超える都市に就航する20社の航空会社が加盟しています。

スカイトラックス社 最高評価5スターを4年連続受賞

日本発便には日本人客室乗務員が搭乗

ガルーダ・インドネシア航空は、2015年から2018年の4年連続で、英国スカイトラックス社のエアライン・スター・ランキングで最高評価「5スター」獲得しています。更に2013年には「ワールド・ベスト・エコノミークラス賞」、2014年から2018年まで「ワールド・ベスト・キャビンクルー賞」を5年連続受賞。世界トップレベルのサービスを提供いたします。

サービスコンセプト

インドネシアを代表するガルーダ・インドネシア航空は「ガルーダ・インドネシア エクスペリエンス」のサービスコンセプトで、ご出発前からご帰国後まで「五感への24個のアプローチ」をお届けします。それは、機内を飾るインドネシアの素材やデザイン、エキゾチックな花の香り、インドネシア諸島に伝わる伝統の民族音楽の音色、伝統料理や飲物の味わいなどから感じ取っていただけることでしょう。

視覚

機内を彩る様々なデザインには、インドネシアの自然豊かな色彩と伝統的なモチーフが配されています。機内のパティションには、インドネシアで多用される竹を編んだゲデック模様を、クルーユニフォームや機内ファブリックには、ユネスコ世界文化遺産に登録されたバティックがモチーフに採用されています。

聴覚

2009年から採用されるタッチパネル式AVODシステムでは、インドネシアの伝統の音楽をはじめ、映画やTV番組などが楽しめます。また、機内のBGMにはインドネシアの各地から伝統的な音楽がセレクトされた、オリジナル楽曲集「サウンド オブ インドネシア」が使用されています。

嗅覚

古来よりインドネシアでは香り高い花やハーブが様々なシーンで用いられてきました。その伝統はアロマセラピーやスパトリートメントとして、今日に受け継がれています。機内や空港ラウンジでは、クローヴ(丁子)をベースとしたオリジナルアロマ「ガルーダ アロマティック フレグランス」が使われています。

味覚

何百年もの昔からインドネシアは交易ルートの交差点に位置し、スパイスの国、トロピカルフルーツの楽園として知られてきました。機内食ではインドネシアから特別に取り寄せたスパイスが用いられ、豊かな味わいを表現されており、ビジネスクラス以上ではシェフが搭乗し、調理をしています。

触覚

インドネシア人には、おもてなしの心があり、ホスピタリティに溢れていることでもよく知られています。日本発着路線には、日本人客室乗務員が搭乗し、安心のサービスを提供しています。

無料受託手荷物

4年連続「ワールド・ベスト・キャビンクルー賞」

ガルーダ・インドネシア航空 日本発着の路線では、エコノミークラス=46㎏、ビジネス・ファーストクラス=64㎏まで、個数制限なく無料でお荷物を預けられます。さらに、通常の受託手荷物とは別に、おひとり様1セット23㎏までスポーツ用品を無料でお預けいただけるサービスがございます。インドネシアの大自然で、ご自身の使い慣れた道具で、ゴルフやサイクリング、マリンスポーツなど多様なアクティビティをお楽しみください。(お預けになられる予定のスポーツ用品がございましたら、当社に事前にお申し付けください)

機材・シートマップ

ボーイング 777-300ER型機(ファーストクラス/ビジネスクラス/エコノミークラス)

  ファーストクラス ビジネスクラス エコノミークラス
座席数 8席 38席 268席
座席配列 1-2-1 1-2-1 3-3-3
シートピッチ 210cm 109cm 81cm
リクライニング 180度
フルフラットシート
180度
フルフラットシート
10度
(通常35度=最大45度)
個人用モニター 23.5インチ 15.4インチ 9インチ

ボーイング 777-300ER型機(ビジネスクラス/エコノミークラス)

  ビジネスクラス エコノミークラス
座席数 26席 367席
座席配列 1-2-1 3-3-3
シートピッチ 109cm 81cm
リクライニング 180度
フルフラットシート
10度
個人用モニター 15.4インチ 9インチ

エアバス 330-200型機(ビジネスクラス/エコノミークラス)

  ビジネスクラス エコノミークラス
座席数 36席 186席
座席配列 2-2-2 2-4-2
シートピッチ 188cm 86cm
リクライニング 180度  

エアバス 330-300型機(ビジネスクラス/エコノミークラス)

  ビジネスクラス エコノミークラス
座席数 36席 215席
座席配列 2-2-2 2-4-2
シートピッチ 188cm 86cm
リクライニング 180度  

エアバス 330-300型機(スーパーダイヤモンドシート:ビジネスクラス/エコノミークラス)

  ビジネスクラス エコノミークラス
座席数 24席 263席
座席配列 1-2-1 2-4-2
シートピッチ 208cm 86cm
リクライニング 180度  

エコノミークラス

「THE WORLD’S BEST ECONOMY CLASS」を受賞したエコノミークラス

快適な空の旅をお届けする、明るく温かみのある客室。空の旅が一層楽しくなる快適な空間をご提供するエコノミークラス。ガルーダ・インドネシア航空のエコノミークラスは、スカイトラックス社により「THE WORLD AIRLINE AWARDS(ワールド・エアライン・アワード)」にて、2013年「THE WORLD’S BEST ECONOMY CLASS(ワールド・ベスト・エコノミークラス)」と「BEST ECONOMY CLASS AIRLINE SEAT(ベスト・エコノミークラス・エアラインシート)」をW受賞し、高い評価を得ています。

ダヴァ ステーキ&シーフード

フライトをより快適に

エコノミークラスのシートは人間工学に基づいて設計され、調整可能なヘッドレストでより快適なフライトをお楽しみいただけます。また機内でリラックスしてお過ごしいただけるよう、ソックス、耳栓、アイマスクなどのアメニティーセットもご用意しております。

本膳

エンターテイメント

全席に設置されたタッチパネル式のモニター、AVOD(オーディオ・ビジュアル・オン・デマンド)方式により音楽、映画など、機内エンターテイメントをお楽しみいただけます。

ビジネスクラス

長時間のフライトでもストレスを感じさせないプレミアム空間「ビジネスクラス」で行くバリ島の旅

ビジネスクラスで行くバリ島旅行

ファーストクラス

天空の極上プライベート空間「ファーストクラス」で行くバリ島の旅

ファーストクラスで行くバリ島旅行