[バリ島旅行ガイド]おすすめのランチや、バリ舞踊が鑑賞できるレストランはどこ?予約や支払い等のマナーと、シーン・料理ジャンル別のレストラン情報

おすすめのランチや、バリ舞踊が鑑賞できるレストランはどこ? 予約や支払い等のマナーと、シーン・料理ジャンル別のレストラン情報

バリ島旅行・観光の大きな楽しみの一つが、インドネシア料理をはじめとするレストランでの美味しい食事です。

モーニングとランチは1,000〜2,000円程度、ディナーは3,000〜6,000円前後の値段で贅沢気分が味わえるバリ島。今回は数ある中から、おなかだけでなく心まで満たしてくれるおすすめのレストランを紹介します。

また、予約の仕方や日本ではあまり馴染みのないチップのことなど、役立つレストランでのマナーについてもお伝えします。

[2/2ページ]

予約、支払い、チップ、ドレスコードなどのレストランマナーガイド

海外のレストランでのマナーは、日本とは違うことも多く、「知らずに行ったら恥をかいてしまった」という話も聞きます。そんなことにならないために、あらかじめ知っておきたいことを、項目別に紹介します。

レストランの予約は必要?人気レストランに行く場合は事前の予約を

夕日のジンバランカフェ(イメージ)日本には予約必須のレストランが数多くありますが、それはバリ島においても同じです。

特に人気店では、外で長時間待たされることも多く、中には飛び込み客はすべて断っているというお店もあるため、大幅な予定変更を余儀なくされてしまいます。
ですから、「絶対に行きたい」というお店がある場合は、必ず予約を入れてから行くようにしましょう。

特にサンセットを見ながら食事を楽しみたいという場合は、席も限られているため、早めの予約が必要です。

ネットや電話でご自身が予約することもできますが、ホテルのフロントや旅行会社に予約を依頼するのがベストです。

  • 希望の日時
  • 人数(子どもがいる場合はその旨も伝える)
  • 座席の希望(禁煙席、海が見える席、ソファー席、テラス席など)

ホテル内のレストランや格式あるレストランの場合は、一緒にドレスコードの確認もしましょう。

支払いは現金、それともクレジットカード?支払い時のトラブルには気をつけて

インドネシアルピア紙幣バリ島は日本と通貨が異なるのはもちろんのこと、桁数も大きく違うので、支払い時のレートの相違など、思わぬトラブルに巻き込まれないよう注意が必要です。

支払い方法には、主に現金とクレジットカードがありますが、それぞれには以下のようなメリットとデメリットがあります。

現金

  • メリット
    • 大型ショッピングモールから地元の商店まで、どんなお店、どんな金額のものにも使えるので利便性が高い
    • サインなどの手間がなく、支払いがスムーズに行える
  • デメリット
    • 紛失、盗難の被害にあった場合、戻ってくる可能性が極めて低く、補償もない
    • 急な出費があった際に、対応できない
    • ルピア払いのみ、ドル払いのみなど、決まった通貨にしか対応していない場合がある

クレジットカード

  • メリット
    • 大現金に比べると持ち歩くときの危険性が低い
    • 万が一盗難などにあっても補償される場合がある
    • 為替レートがお得な場合がある
    • キャッシング機能があるものは、ATMで必要な時に現地通貨を引き出せる
  • デメリット
    • 店によってVISA、MasterCardなど、使えるカードブランドが限られている
    • 店によって、加盟店手数料が上乗せされる場合がある

以上のことを加味して、現金とクレジットカードを上手に使い分けるようにしましょう。

バリ島における現金の支払いと両替方法ついて、詳しくお知りになりたい場合は、こちらもご参照ください。
バリ島の物価は安い?バリ島観光の費用と移住した場合の生活費

チップは必要?良いサービスを受けた際はチップで感謝の気持ちを伝えよう

バリ島は本来、チップの習慣はありません。しかし、最近は欧米化の影響もあり、チップを渡す人も増えています。「気持ちのよいサービスを受けた」「特別に配慮してもらった」などといった場合は、遠慮せずにチップを渡して問題ありません。

チップを渡す際には、以下のことに注意しましょう。

  • 最低でも10,000ルピアは渡す
  • 相場は10,000〜20,000ルピア
  • レストランはあらかじめサービス料が計上されているので、無理に支払う必要はない
  • 満足や感謝の気持ちを伝えるため、必ず会計の際に渡す
  • チップの代わりに、おつりを受け取らないというのもスマート

「高級レストラン」を訪れる際に、もうひとつ気をつけなくてはならないのが服装です。以下で詳しく紹介します。

どんな服装なら大丈夫?高級レストランにおける服装マナー

格式ある高級レストランでは、お店によってドレスコードが設けられていることがあります。また、はっきりとしたルールを示していないお店でも、そのような場所にビーチサンダルなどラフな格好で訪れることは好ましくありません。

きちんとドレスアップして行けば、よい席に案内してくれる可能性も高くなりますし、逆にカジュアルすぎる服装で行けば、周囲から浮いてしまうだけでなく、スタッフに軽んじられてしまう可能性もあります。

自分の気分を盛り上げるためにも、ぜひドレスアップして出かけましょう。おすすめのコーディネートの一例を、以下でご紹介します。

男性 女性
  • 半袖の白いYシャツ
  • シワになりにくい素材のジャケット
  • シワになりにくい素材の長ズボン
  • 軽い素材の革靴
  • ロングワンピース(マキシ丈がベター)
  • ビジューなどがあしらわれたお洒落なサンダル

高級レストランはもちろんのこと、高級リゾートホテルなどでも同様のことを意識して、カジュアルとフォーマルの使い分けを心がけましょう。

【まとめ】バリ島のおすすめレストランと予約や支払いのポイント

今回お伝えしたおすすめのレストランの魅力やマナーの注意点について、もう一度振り返ってみましょう。

  • バリ島には魅力的なロケーションや、さまざまなジャンルのレストランがある
  • 人気レストランは予約が必須
  • バリ島ならではのショーや料理が楽しめるという点で、おすすめはバリ舞踊が楽しめる「クマンギレストラン(Kemangi Restaurant)」とインドネシア料理づくしの「プタニ レストラン(Petani Restaurant)」
  • 現金とクレジットは状況に応じて使い分けることが大切
  • バリ島にチップの習慣はないが、感謝の気持ちを表すために渡しても問題ない
  • 高級レストランやホテルのレストランでラフすぎる格好はNG。TPOに合わせた服装で行くこと

※掲載画像はイメージです

この記事をシェアする