[バリ島旅行ガイド]バリ島旅行の最終日をどう過ごす?ホテルのチェックアウトから帰国フライトまで、最大限バリ島を楽しむためのガイド

バリ島旅行の最終日をどう過ごす? ホテルのチェックアウトから帰国フライトまで、最大限バリ島を楽しむためのガイド

楽しかったバリ島旅行も、いよいよ最終日。
バリタイムを最後まで満喫するにために、最終日まで手を抜くことなくプランを立て、最高の思い出を作りましょう。

あらかじめ訪れるスポットをセレクトしておき、空港までの移動時間や移動方法などをシミュレーションした上で、具体的にいつ、どこで何をするのかを決めることがポイントです。

ただし、あれもこれもと欲張ってプランに押し込むと、楽しむ余裕がなくなったり、フライト時刻に間に合わなくなったりということもあるため、注意しましょう。

ここではバリ島旅行の最終日に押さえておきたいポイントとともに、バリ島を最大限満喫するためのおすすめプランを紹介します。

[1/2ページ]

バリ島旅行最終日はどこで過ごすべき? 楽しみつつも、空港へのアクセスを考慮した施設などがおすすめ

バリ島旅行の最終日を有意義に過ごすといっても、実際、どこで、どう過ごしたらよいのか迷う人も多いでしょう。基本的なポイントは空港までのアクセスがよくて、食事、スパ、買い物など、目的に合った施設が充実している場所を起点に考えることです。

最終日もゆったりとホテルで過ごすなら?デイユースプランやレイトチェックアウトなら存分にホテルを楽しめる

「最終日こそ時間に追われたスケジュールは嫌」という人に、おすすめなのがホテルでゆったりとくつろぐプラン。その場合、デイユースプランなのか?レイトチェックアウトなのか?ホテルの利用方法によっても時間の使い方、楽しみ方は変わってきます。

  1. 宿泊せずともホテルやプライベートヴィラの客室を利用できる「デイユースプラン」

    宿泊ホテルをチェックアウトした後、空港までの時間をホテルやプライベートヴィラの客室が利用可能なプランです。
    食事やスパトリートメントが含まれるプランもあり、「どこでどう過ごす?」といった心配も無用。出発直前までリゾートライフを満期できます。

    GOHのホテルデイユースプランの詳細はこちらから
    オプショナルツアー:帰国日におすすめのプラン
  2. レイトチェックアウト
    ホテルのレイトチェックアウトは夜便で帰国する場合、利用の仕方によっては体の疲れも軽減され、効率よく最終日を堪能できるのでおすすめです。
    広ただし、レイトチェックアウトはホテルによって有料で延長できる場合と、ツアー特典として無料でサービスに含まれている場合があります。宿泊ホテルを決める前に、レイトチェックアウトについてもホテルやツアーのホームページで確認しておくようにしましょう。
    GOHのホテル&ツアーの詳細はこちらから
    バリ島おすすめホテル&ヴィラ一覧

最後までバリ島旅行を楽しみきるには?GOHの帰国日におすすめプランで大満足

旅の最終日は空港までのアクセスがよいスポットを選ぶことが鉄則となります。中でもウブド、ビーチエリア、ウルワツ寺院などは、短時間で観光、ショッピング、グルメ三昧が堪能できる場所として最終日にふさわしいスポットです。

  1. ウブドエリアの帰国日おすすめプラン

    ウブド(イメージ)バリ舞踏の中心地でもあるウブドは、自然豊かな田園地帯が広がり、最終日にのんびりと過ごすのにピッタリのスポット。ウブド王宮と市場がある中心地から東西に延びるメインストリート沿いには、ホテル、レストラン、ショップなどが建ち並んでいるため、散策しながら食事、買い物、スパなどが楽しめます。

    ウブドはオリジナリティーの高いショップが多く、ナチュラルコスメやシルバー製品、アタバッグなどお土産に喜ばれるグッズを見つけやすい点でもおすすめです。レストランは国際色豊かで、インドネシア料理からタイ、ベトナム、イタリアンまで一通りそろっています。

    ウブドの中心街から空港までは、車での移動に約1時間~1時間半かかりますが、GOHのオプショナルツアーなら、送迎もついていて安心です。

    スパと夕食がセットになったご帰国日向けのオプショナルツアー
    GOHの「ご帰国日おすすめプラン~ウブドエリア編~」の詳細はこちらから
  2. ビーチエリアの帰国日おすすめプラン

    クタビーチ(イメージ)「バリ島を訪れたからには、最後までマリンリゾート気分を満喫したい」という人におすすめなのが、クタ、ジンバラン地区のビーチエリア。どちらも空港までのアクセスが便利で、スパ、レストラン、ショップなどの施設もそろっているため、時間が許す限り遊び尽くしたい人にはうってつけの場所です。

    特にクタエリアはバリ島内最大の繁華街だけあって、街のあちこちに最新の流行を取り入れたお洒落なショップが勢ぞろいしています。

    一方、ジンバランエリアはバドゥン半島の入口で、美しいサンセットが望める場所としてもおなじみです。旅の最終章は、夕日に染まる海を眺めながら至福のディナータイムで締めくくりましょう。

    ビーチエリアにある極上スパと夕食、空港までの送迎をセットにしたお得なオプショナルツアー
    GOHの「ご帰国日おすすめプラン~ビーチエリア編~」の詳細はこちらから
  3. ウルワツ寺院&ケチャックダンス鑑賞プラン

    ケチャックダンス(イメージ)バリ島に滞在中、マリンスポーツ、スパとアクティブに毎日を楽しんだ人は、最終日こそウルワツ寺院に出向いて、バリ島の伝統芸能にふれてみてはいかがでしょう。ウルワツはバドゥン半島の西端にあり、断崖絶壁の上に寺院が建っています。

    ウルワツ寺院は夕日の絶景スポットとしても有名で、ここで行われるケチャックダンスも必見。毎日午後6時近くになると、雄大なサンセットとドラマティックなケチャックダンスを鑑賞するために、大勢の観光客が集まります。

    ただし、大混雑で場内に入れなかったり、渋滞で開催時刻に間に合わなかったりするケースも少なくないため、事前にオプショナルツアーなどに申し込んだ方が確実です。

    ウルワツでのケチャックダンス鑑賞と夕食がセットになったオプショナルツアー
    GOHの「ウルワツ寺院&ケチャックダンス鑑賞」の詳細はこちらから

最終日に訪れたいスポットは?さまざまな施設が並ぶ、クタエリアのショッピングモールで最終日を満喫

クタエリアはビーチエリアのプランでも紹介しましたが、「クタ・スクエア(Kuta Square)」を起点に多くのショップが建ち並んでいます。中でもショッピングモールは子どもから大人まで楽しめるとあって大人気です。

広々とした店内にブティック、カフェ&レストランからお土産物店、スパ、デパートまで、さまざまな施設が入っているので、「どこでどう過ごす?」なんて悩む必要もありません。

  1. 空港まで2kmと好立地な「ディスカバリー・ショッピングモール(Discovery Shopping Mall)」

    ディスカバリー・ショッピングモール(イメージ)空港まで2kmとアクセスもよい上に、クタビーチの目の前にあるのでロケーションも最高。オープンテラスのカフェやレストランでサンセットを眺めながら旅情に浸ってみてはいかがでしょうか。

    バリ島でも人気のショップが軒を連ね、日本でもおなじみのカフェなどもあります。帰国のフライトまで飽きることなく過ごせます。

    また、1階中央にはお土産に喜ばれそうなバリ雑貨やコスメ、Tシャツなどが販売されているショップが集まっています。値段も手頃な物が多く、ついついまとめ買いをしてしまいそう。その他、日本のそごうと地元のセントロデパートが入っており、ここに来ればたいていのものが手に入ります。

  2. 若者に人気のショッピングモール「ビーチ・ウォーク(Beach Walk)」

    ビーチウォーク(イメージ)「ビーチ・ウォーク」は、2012年のオープン以来、観光客のみならず地元民にも愛されている人気のショッピングモールです。美しい曲線の建物が特徴で、1階にあるレストランの上は空中庭園のようなつくり。ここのウッドデッキから海やビーチ・ウォークが見渡せます。

    モール内にはファッション、バリ雑貨、カフェ、レストランなど約200店舗が入っていて、欲しいもの、食べたいものが必ず見つかるといっても過言ではないほど充実した品ぞろえ。子ども向けの遊び場「ミニアポリス」では、思いっきり水遊びが楽しめるラグーンも完備されています。

    店内を一通り見て、ショッピングや食事を楽しんだ後は、お手頃な料金で利用できるスパに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?フライト前にここのスパで旅の疲れを取っておくのもおすすめです。

旅行最終日もリラックス気分でバリを満喫するために。スパならゆったりとした時間とともに最後までバリを堪能

旅の最初から最後までスパ三昧というのも、極上のバリタイムに欠かせないもの。最終日のスパは時間も限られているので、どこのスパでどのコースを選べばよいのかプランを練っておきましょう。

空港内のスパは手軽で便利ですが、バリスタイルにこだわりの強い方は、伝統的な手法を取り入れた本格的なスパがおすすめです。

バリ島旅行の最終日に「スパで心ゆくまでリラクゼーションをしたい」という場合、できるだけ空港に近いエリアにあるスパを選びましょう。
ここでは空港へのアクセスもよい、上質な施術で定評のあるスパを3軒紹介します。

  1. 空港へのアクセスがよい「バリ ラトゥ エステティック スパ」

    バリ ラトゥ エステティック スパ(イメージ)クタエリアにあるティアラ店は「ディスカバリー・ショッピングモール」に近く、空港まで車で5~10分という好アクセス。バリ伝統のナチュラル・テイストのコスメを使用し、ハイレベルな技術でバリニーズマッサージからフラワーバスまで、コースメニューも豊富にそろっていて、本格的なバリスパが堪能できます。

    バリ ラトゥ エステティック スパのお得なプランはこちらから

  2. 送迎付きプランなどサービスが充実している「クンティ バリ スパ」

    クンティ バリ スパ(イメージ)ジンバランエリアに位置する人気のスパ。日本語で丁寧にカウンセリングを行い、オールハンドのマッサージで頭の先から足の先まで、旅の疲れをゆっくりとほぐしてくれます。

    中でもバリ島の伝統薬といわれるナチュラルオイル「ボカシ」を使用したリンパマッサージはデトックス効果抜群!男性にもおすすめのメニューがそろっています。
    空港まで送迎付きの食事プランもあり、最終日を締めくくるのに申し分ないホスピタリティーを味わえます。

    クンティ バリ スパのお得なプランはこちらから

  3. 最高級リゾート内にある「スパ オン ザ ロック」

    スパ オン ザ ロック(イメージ)インド洋に面した岩の上に建つ「スパ オン ザ ロック」は、高級リゾート「アヤナ リゾート&スパ バリ/ザ ヴィラズ アット アヤナ リゾート バリ」に併設された絶景スパとしても有名です。

    空港からは車で約20分と少し離れた場所にありますが、「世界のベストスパ」に選ばれた実績があるほど技術力もお墨付き。ここを訪れた誰もが、海に囲まれたトリートメントルームで受ける、バリ最高峰のスパに魅了されます。
    ただし、「スパ オン ザ ロック」での施術数は1日数組となっているため、早めに予約を入れておくようにしましょう。

    スパ オン ザ ロックの詳細はこちらから

バリ島のスパ&エステについてもっと知りたい方は以下もご参照ください。
[バリ島旅行ガイド]:癒やしの島、バリでスパ&エステを堪能 バリ島のスパ&エステの種類や予算から、おすすめのお店を紹介

フライトまでの時間が空いたらどうする?空港内や近隣のレストラン、お土産スポットなどを満喫

最終日の予定を一通りこなした後、フライトまでの時間がある場合に備えて、空港内や近隣のおすすめスポットを調べておくと便利です。ここでは隙間時間をうまく使って楽しめる、とっておきの情報を紹介します。

  1. 空港で最終日のディナー

    空港内や近隣のレストランでのディナーであれば、慌てることなく食事も楽しめ、ゆとりを持って帰国便に搭乗することも可能です。そんなシチュエーションに合うレストランがこちらの2軒。

    • Warung Mufu

      サテ(イメージ)空港から車で約5分の場所にあり、バリ料理が楽しめるレストラン。日本人好みの味付けで、看板メニューの「ポークリブ」とインドネシアの焼き鳥「サテ」のほか、シーフード料理も絶品。上質なサービスにフレンドリーな雰囲気、値段もお手頃なので、フライトまでの空き時間を過ごすのに最適です。

      メニュー一例 ポークリブ、サテ、ナシゴレン、ミーゴレン
      ビール、ワイン、ソフトドリンク類
      営業時間 8:00~22:00
      景観 木の温もりが感じられるバリらしい店構え
      予約
      定休日 特になし
      ドレスコード カジュアルな服装で入店可能
      URL http://warungmufu.com/
    • ENVY

      ENVY(バーラウンジ)イメージホテル「ホリデー イン リゾート バルナ バリ(Holiday Inn Resort Baruna Bali)」の1階にあるレストラン。空港まで車で約15分です。レストランの目の前にビーチが広がり、最高のロケーションでサンセットディナーも格別。メニューがENVY TIMESという新聞になっており、中でも日本人観光客にはシーフード料理が人気です。

      メニュー一例 シーザーサラダ、マヒマヒの溶岩焼き、シーフード料理、ピザなど
      ビール、ワイン、ソフトドリンク類
      営業時間 11:00~22:45
      景観 目の前にビーチがあるので美しいサンセットが望める
      予約
      定休日 特になし
      ドレスコード カジュアルな服装で入店可能
      URL https://barunabali.holidayinnresorts.com/envy-bali
  2. 空港内で購入できるバリ島ならではのお土産、および免税店について

    「お土産の○○を買い忘れた」とか「空港でまとめ買いしよう」という人もいるでしょう。空港内にもバリの特産品を扱うショップや免税店が充実しています。

    • アタ製品
      アタ コースター(イメージ) 「アタ」はラタンやイグサに似ていますが、シダ科の植物で、茎の部分を乾燥させて作られた製品です。お土産に喜ばれて、持ち帰りに便利なのがランチョンマットやコースター。また、アタバッグは軽くて丈夫なので、一つ持っていると重宝します。
      (画像提供:アシタバ
    • バロンクッキー
      バロンクッキー(一例)バリ土産で最近、巷で注目されているのが、聖獣バロン型のクッキー。ウブドのティルタエンブル寺院の聖水を使って作られています。味の種類はプレーン、コーヒー、ココナッツ&パームシュガーなど。
      (画像提供:バロンクッキー from BALI
    • バリコピ(バリコーヒー)
      バリコピ(バリコーヒー)イメージバリコピと呼ばれるバリコーヒーは、カップにコーヒーの粉を入れてお湯を注ぎ、粉が沈殿するのを待ってから上澄みを飲みます。一風変わった飲み方です が、酸味が強く、風味の豊かなものが多いのもバリコーヒーの特徴です。
    • 免税店「DFS バリ ングラライ国際空港店」について
      DFS バリ ングラライ国際空港店(イメージ)高級ブランドのコスメ、バッグをはじめ、バリコーヒー、チョコレート、バロンクッキー、お酒といった食品も扱っています。ブランド品の種類はそれほど多くありませんが、食品の品ぞろえが充実しています。
      • 電話番号:+62 361 9368269
      • 営業時間:10:00~22:00
      • URL:https://www.dfs.com/jp/bali/stores/dfs-bali-ngurah-rai-international-airport
  3. 有料のラウンジならフライトまでのんびり過ごせる

    深夜便で帰国する場合、空港内でくつろげる場所をゲットしておくことを忘れずに。おすすめは24時間営業の有料のラウンジです。

    • TGラウンジ(TG LOUNGE)
      TGラウンジ(イメージ)ビジネスクラスやファーストクラス利用の場合、空港内の特別ラウンジでのんびり過ごすことができます。
      TGラウンジは、エコノミークラス搭乗者も優雅に旅の最後を過ごせる有料ラウンジで、利用には事前予約が必要です。お洒落な店内にはビリヤードが置かれ、追加料金でリフレクソロジーも受けられるなど、ゆったりと過ごしやすいつくりになっています。
      サービス内容
      • ソフトドリンクかビール1杯付き(ビール以外のアルコール類は有料)
      • 軽食サービス
      • ビリヤード
      • パソコンコーナー(Wi-Fi)
      • フットマッサージ(有料)
      • シャワーブース/男女別(有料)
      ※TGラウンジの利用チケットは、GOHでもお取り扱いしています。日本からの事前予約が必要で、料金は1人、330,000ルピア(約2750円)です。
    • プレミアラウンジ(PREMIER LOUNGE)
      プレミアラウンジ(イメージ)キッズルームもあるので、子ども連れの家族旅行もここなら気兼ねなく過ごせそうですます。世界の空港ラウンジが使える会員制のプライオリティパスを所持していれば、無料で利用できます。
      サービス内容
      • ソフトドリンクとアルコールが飲み放題
      • 軽食サービス
      • キッズルーム
      • マッサージ(有料)
      • パソコンコーナー(Wi-Fi)
      • シャワーブース

すっきりした気分で気持ちよく帰国するために。空港内でのシャワーやスパ施設など

夜の帰国便を利用する場合、フライト前にラウンジのシャワーで汗を洗い流し、スパでマッサージを受けておくだけでも、旅の疲れが癒やされ、気分もスッキリ。どちらも空港内にある施設なので、搭乗ゲートと時間さえ把握しておけば、慌てることなく有意義な時間を過ごせます。

  1. 空港内のラウンジのシャワーで疲れを洗い流す

    有料ラウンジには飲食が付いているだけでなく、シャワーがあるため、ここで汗を洗い流した後、ビールで乾杯するのもいいですね。

  2. 空港内スパ「カヤスパ(Kaya Spa)」

    3階の出発フロアにあり、フットマッサージのほか、バリニーズやロミロミ、日本式のマッサージなどが受けられます。フットマッサージは10分~、バリニーズマッサージは30分~など、気軽に受けられる時間設定になっています。

    店内は緑を基調としたインテリアでまとめられ、心地よい空間が広がります。搭乗する前に歩き疲れた足をもみほぐしてもらうと、機内での時間も快適に過ごせるでしょう。

※掲載画像はイメージです

この記事をシェアする